AX

SOG/GhostRecon HQ2.0

[Maxwell’s demon] 2006/05/03?05 PM16:00? 青木ヶ原樹海

Posted on 22 5月 2007

SOG/GhostRecon?Maxwell’s demon

過去二度にわたり樹海探索を行ったGhostRecon。
今回は未体験の隊員の経験地上げと、新規導入した装備のテストを主目的に、三度目の潜入となりました。
ただ、それだけでは内容的に乏しいということで、我が隊初、2泊3日の長期偵察任務として慣行。
しかし、
迎えに来るはずの馬隊員は寝過ごし、道路は大渋滞で予定到着時間を大きく遅れる出だしとなる始末。
兎に角は急ぎ、樹海へと足を踏み入れるので在りました。


出発地点となったのが鳴沢氷穴奥の遊歩道入り口。
管理人の方のご好意で、車両の置き場を提供して下さいました。
地域の自然監督官をされて居られるという事で、樹海内の滞在に
ついてご助言頂けました。ありがとうございます。
"お化けがでるよ"なんて冗談めかして言ってらっしゃいましたが、

やはり多数の自殺者がいるのは実際で、年間で3桁だというお話も。


あまりの重量に耐過重姿勢をとる隊員。
小官は普通に座ろうとして後ろにひっくり返りそうになりました。
野営装備を含むと毎回かなりの重量になりますが、今回は2泊分の
用意に加えて、実験に使用する備品もあったので、碌でもない重量に。



本来であれば遊歩道のような道は避けるべきなのですが、

何せとんでもない重量に加え、予定の時間を遅れていた為に、
日が暮れてきてしまいました。ORP(目的地集結点)への
早期移動を優先とし、先を急ぎます。


某掲示板樹海関係スレ某コテハン殿のチラシがそこかしこに。
昨年我々も思い知りましたが、樹海関連の話題で、ことOFF系の

内容となると異常なまでに縄張り意識が働くようです。おっかないおっかない。

目印として使用したすずらんテープも野放図に放置され放題、
かなり萎える風景です。自殺防止ということか?


やっとこ野営地に到着。これも本来予定していた地点よりも
だいぶ手前、遊歩道に近い位置となってしまいました。
設営の途中からこの暗さだったので、判断としては

良かったのかも知れませんが。


で、食事。基本的に日が暮れると行うことが無くなってきて、
飲んで食う以外仕方がなくなります。メニューは各員とも
多種多様ですが、基本はより軽量に、より手間のかからない物、
のはずなのですが…

モチ焼いてますな。呑んでるし。

今回は節操なく食事しつづける訳にもいかないので、
交代で仮眠を取りながら夜間パトロールに出かけます。
まぁこの後、軽く迷うわけですが。
GPSを携帯しているとはいえ、木の枝が幾重にも繁茂する
場所では万能では在りません。衛星からの受信が途切れ

がちとなり、予想外の方向に移動する事があります。
使用する機器の性能にも左右されるのでしょうが、
個人的には地図とコンパスの信頼が高いのではと。

HQの猫隊長から、樹海に訪れた掲示板住人が困っているとの連絡が。
緊急出動となり目標の富岳風穴駐車場を目指すGR隊。

で、急いでいたんで遊歩道からOPRへの入り口地点のマーキングを
忘れてたんですな。頭悪いですね。


合流できました。折角と言う事で、OPR付近までご案内。
お三方で時間的に制限があると言う事と、前出のとおり
入り口がわかんなくなって案内するというよりは全員で
彷徨う事態になりかねないということで、遊歩道上の移動

までとなってしまいました。
本当に申し訳ない。
プロフィールの"ランドナビ得意"とか消しときましょう。
それにしても見事なまでに、煙に巻かれてますな。夜間は気温が
低下し、息も白くなってましたんで、それだと思うんですが。


お三方と分かれ暫く徘徊した後に戻ってきました。
時間的に丑三つ時も過ぎ、じきに4時という時間帯でしたが、
用意したネタ一発目、降霊機の実験を開始します。
樹海で起動するW2K、かっこいいですなぁ。


準備中に周辺警戒する猿、雛隊員。

二人とも樹海探索は初参加ですが、装備の充実具合は
古参隊員を上回ってます。頼もしい。


一発目の誤変換ぷりがあまりにもツボにはまったんで
そのまま召還しました。探しても無駄と思いながらもジリジリと待ちます。
するってえと…


あ、失敗した(当然)。
かしまさん、お岩、貞とビックネームがお出ましです。ところでアカギって誰?
夜が明けて明るくなってきましたんで、この日の実験は終了。お疲れ様でした。


今回で3度目ですが、樹海というところは朝が気持ちいい。
鳴き損なっている鶯の声を聞きつつ、ここで撤退する

馬隊員をバックアップ、送っていきました。

これにて一日目は終了。

【青木ヶ原樹海2日目】


さて二日目。
周辺の探索、パトロールが主な予定だったのですが、

撮影するにしても兎に角目立つすずらんロープ。
周囲のものだけ回収してロケーションを確保しようという
ことだったんですが、面白くなっちゃったんですな。


まずは腹ごしらえ。楽しみと言えばこれぐらいしか
なくなってくるのが野外生活。

ブリーフィングを交えながら各人がそれぞれに。


で、Search And Clean作戦開始。
いってみれば探索者の事後追跡を行うような作業なので、
以外にも面白い。
エコマインドは欠片も持ち合わせないGRですが、
"一切の痕跡を残さない"のが偵察部隊。

猿、雛の両隊員。
初樹海にも関わらず、2泊という任務を大喜びで楽しんでいました。
この写真は小官がオネム中にとっていたようで、二人はこの後樹海散策に。
起き出したら姿が見えないので、ちょっとした悪戯を仕掛けてみました。


ギリースーツ(偽装服)着て驚かす犬。実際全く気付いていなかったようで、

大いに驚いてくれた。してやったり。
ただし、この後小官が出張った後に同じ事をやられまして。
上半身裸で体操する犬とか見られた。してやられたり。


回収したビニールテープの山。
自然を護ろうとかサラサラ言う気がしないんですが、なんというか

雰囲気が萎えるんで持って帰りましょう。
BB弾がどうとか言う方々は特に。


テープ、ロープの回収時に遺留品らしきものを幾つか見つけました。
溶岩を背に多分永眠するのにいいんだろうなという雰囲気の場所を見つけましたので…


ICレコーダ設置。日没の間際に仕掛けて録音状態で放置しました。

猿隊員が一通り再生しましたが、これというものは録音できなかった様子。
データについては公開いたしますので、まぁ聞いてみてください。


そして日が暮れました。寒い。兎に角寒い。
樹海最後の晩餐を楽しみつつ、零時の到来を待ちます。


交霊機2回目。著名人は殆ど生まれ変わってるみたいですね。

そういう仕様なんでしょう。30代前後の方には懐かしいコスモ星丸も
召還しましたがこういう事に。キッコロとかモリゾーになったんですかねぇ。


あけて5日。ICレコーダの回収を行い、某掲示板該当スレにて
指摘のあった、野営地西200m地点を捜索します。
前日の回収作業でウロウロした場所近辺でしたから、

何も無いことは知れてましたが一応。GPSとコンパスで計測しましたんで
比較的正確であったと思われますが、ありませんでしたよ何にも。
で、ナニがあるってんでしたかどうですか。


装備の運搬を行い、明るい世界へと戻ります。
冷たいビールやらソフトクリームやらと文明の

素晴らしさを噛みしめ、作戦を終了しました。


2泊という期間を堪能された隊員の方々、お疲れ様でした。
またやりましょう。樹海に限らず、縦走みたいなことも面白そうですね。

今回で三度目となった青木が原樹海探索、いかがだったでしょうか。
当人としては非常に楽しめましたし、実況と言う形で多くの人に

見ていただけたことも、嬉しい限りです。
この樹海に置いては、行うべきネタも枯渇してきましたが、また訪れたい
場所であることには変わりありません。
次回、ということで無責任に希望を言うのであれば、一丁参加者を募って
一大クリーンナップ作戦なんかどうですかね?
使っていようがいまいが問答無用で大掃除みたいな。

文:犬上海団
おるすばん:猫三倍段
関連スレ:オカ板 「樹海に突撃して色々探すぞ!!!」

Add A Comment