AX

SOG/GhostRecon HQ2.0

[Toy Soldier] 2005/12/03 AM01:00? 琴平神社

Posted on 22 5月 2007

極寒の山からこんにちは。
我々の中で随分前から話題には挙がっていた「 藁人形発見・予防及び術者監視」

ミッションを行う事になりました。
今でも丑の刻参りが行われてるというのでその真偽を確かめに。


最初っから雰囲気全開の参道入り口。
この暗い山道を隊員5名が進む。

でもね。



道が険しいのよ。八王子よりも。
しかも厚着のおいらは動きづらいし。
ちなみにこの時点で気温はマイナスに。

胃を病んでたり病み上がりの30代GR首脳陣が
隊列から遅れる始末。

写真は休憩中にGPSで位置確認をする犬隊員。

そんな最中にも、周辺警備を行う猿+雛隊員。


参道は当然ながら全く光源がない。
ここを術者が一人で登ってくるなら結構な胆力だ。

夜景は綺麗。
でも、この写真を撮った場所は道幅50センチ落ちたらかなりの割合で死ねるかと。


神経を逆なでする呪いのメッセージ。
特に最後の小さい「ネ」がむしろ殺意を引き起こさせ。

最後の石段を登る。

石段を登りきると同時に黒いシルエットで

浮かび上がる琴平神社。

この神社は昔は相当に栄えていたが2度にわたる火災で
没落の一途をたどる事になる。


灯篭OR狛犬もこの有様。

藁人形を探し

うろうろ。

犬隊員より痕跡発見の報告あり。


見事に空いた五寸釘穴。
その他にも脂が変な感じで染み出てるところがちらほら。
普通はこういうとこに藁人形を打っても宮司さんが片付けてしまう。

見た瞬間に術者のやる気を激しく減退させ平和を守る

攻性呪術防御ユニット「スミス」


ちなみに

いっぱいいるので

「スミシズ」と呼んでくれ。

警戒中の犬隊員より参道に怪しい光源発見の報あり。
GR警戒態勢に。

光源は一つ、位置は参道中腹部。
横側に照射している事をスコープにて確認。

しかし、その光源は神社まで上がってくる事はなく、AM3:00、警戒態勢解除。


山の上まで持ち込んだ装備の数々。
その中に赤外線カメラもあったので撮影して遊ぶ。

 ←おまけ動画(3M)

そして凍えた我々はAM4:30に別の参道から下って帰りました。
本当は実況とかしたかったものの電波は入らないわバッテリーは寒さで死ぬわで
無理でした。実況はこれからのテーマですな。

ちなみに「スミシズ」はちゃんと原隊に復帰してますのでご安心を。

Add A Comment