AX

SOG/GhostRecon HQ2.0

[16Ghost] 2010/05/02不知沼(シラヌタ)の池

Posted on 6 5月 2010

ヴァルハラで先に待っていろ。こんばんわ、猫三倍段です。

今回の作戦地域は伊豆「不知沼(シラヌタ)の池」です。
曰く、大戦中に米軍の捕虜16名を虐殺し池に投げ込んだとか、朝鮮人労働者をやはり虐殺して
池に投げ込んだ等の伝説があり、また、池のほとりでキャンプをしていたメンバーが
池の中から現れた無数の手によって引き込まれるなんていうパターンの怪談もあります。
とにかく、この池及び周囲の原生林付近は昼でも幽霊が現れると言われるくらい、怪異が
多発するとされています。

さて、このエリアはかなり人里離れた森の中に位置するため、たどり着くのが車でも少々大変です。
TVなどでも以前紹介されてたりしますが、その時は「秘境の池」なんて形容のされ方をしていたり。

さて、そんな秘境をGhostRecon本隊4名+GR神奈川愚連隊3名の合計7名で侵攻。

稀に見る大火力で臨んだこの作戦ですが、それに見合うだけのお出迎えがあったのでした。

細い道をガタガタと登り続け、GR配置完了

突入準備完了。レーダー手は神奈川愚連隊のテキサス先生。
さて、踏み込むかといった刹那、

大人数に呼応するかのようにいきなりレーダーに感あり。
反応は速やかに消える。

暗い山道を下っていく。比較的道は悪くないが、

橋が実に悪い。

この橋の付近でもレーダーに感あり。 風車のような模様がぐるぐる回り続ける。
 影響範囲:広
 移動特性:無
 身体影響:負

これから先、この「風車模様」がそこかしこで出現する事になる、根場の案件を遥かに上回る勢いで。

半壊した橋を迂回する雛隊員。

神奈川愚連隊所有の対霊RPG。

このエリア自体がかなり長い事メンテナンスされていない雰囲気だ。

第一東屋到着。

そこに「風車模様」がまた現れた。執拗な。

警戒態勢に入る神奈川愚連隊。

「風車模様」の出現率に驚きながらも目的地に向かう。

また出た!今度は「飛び回る人型」か。

 影響範囲:狭
 移動特性:有
 身体影響:無

今度はこっちかー

今回はゴーストレーダーの反応があまりにも多すぎる。虐殺された「16名」か。

どんどん下っていくと、水音がだんだん大きくなってくる。吊り橋が近いのか。

第二東屋到着。

前方に吊橋を発見。TVでも出てたやつだ。

なんか傾いてるぞ。大丈夫かこれ。

下の川は流れが速い。

「風車模様」が追いついてくる。

警戒態勢。そこでRPG使うと橋が落ちるぞ。

全員橋を渡りきった後、暫く進むと、目的地である「シラヌタの池」に出た。

ここにもでたー

「シラヌタの池」水面。ここにいると引き込まれるかもしれん。

一斉に水面から手が出てきた時に備える。

もう少し明るくならないと池の様子はよくわからない。

池を一周して「慰霊碑」を探す。

木でできた朽ちた記念碑。これは慰霊碑とは違う。

なかなか目当ての物は見つからない。

するとそれらしい石碑が見つかる。でもこれも違うものだ。

もう少し石垣チックだったと思うんだが。少しお困りの面々。

こういったケルン状のものである、という噂もあるにはある。

さすが怪談の爆心地である池のほとり。ここでもレーダーがバンバン反応する。

石垣らしきエリアを発見したので調査。

残念ながらここも違ったようだ。

このあたりは野生動物の痕跡があちこちに。鹿ですな。

石碑探索中も反応しっぱなしのレーダー

でも残念だな。夜が明け始めたのでお前らお化けタイムは終わりだ。

美しい池が姿を現す。実にいいところだ。

GR撤収開始。

こうして無事に作戦は終了した。さすが伊豆の超一級スポットである「シラヌタの池」。
ここまでのレーダー反応は初めてだ。とにかく異常な回数反応してたわけだけど、
今になって思えばちゃんと回数をカウントしておくべきだったと反省。

もし反応していた回数が16回だったなら、池にぶち込まれた連中はみんな陸に上がってきて徘徊してるって事かね。

Add A Comment