AX

SOG/GhostRecon HQ2.0

[WARLORD]2009/10/17しとどの窟

Posted on 25 10月 2009

もういくつ寝ると年が明けてしまいそうです。こんにちは、猫三倍段です。

さて、我々GRの作戦行動の一つに「先行偵察」というものがあります。
これは、平たく言えばハズレスポットを引かないための下見探索の事を
言うのですが、普段はレポートとして出さないか、せいぜい第二種案件の扱いとなり
まあ、日の目を見ません。とはいえ今回訪れた「しとどの窟」はなかなかの迫力でした
ので、今回のレポートはその先行偵察時の様子を簡単にお伝えします。

「しとどの窟」は基本的に心霊スポットとしてよりも歴史スポットとして
有名で、源頼朝が戦いに敗れて箱根の山中に逃れた際に身を隠した洞窟です。
この時、追撃していた梶原景時に見つかってしまうのですが、思うところあって
わざと頼朝御一行様を見逃したという逸話があります。

逃げ延びた頼朝は後に鎌倉幕府を立てるというのは皆様ご存知の通りですが、
もしこの時に景時が見逃さなかったならば、日本の歴史は結構変わったものに
なったかもしれません。

また、ここは地蔵信仰のある地域との事で、多数の地蔵が作戦地域内にあるのですが、
そのうち一体の首が無いそうで、そこに女性の霊が出るとされています。

なお、壊滅した頼朝軍300名のお化けの噂などは現在までに確認しておりません。

石灯籠的なものがゴールまでずっとならんでいる。
このスポットは他の探索者もそこそこおり、我々の後方にも実は別の探索者がいる状況。

行きは長い下り坂。駆け抜け気味に移動。

なのになんで登り坂の写真なのかというと、道の写真は全て帰り行程で撮影しているため。
後ろから他の探索者が来てるのでのんびり撮影できないのですな。

良い風合いになった地蔵もそこかしこに。

今度は登り坂。このあたりからソフトアーマーを着てきた事を後悔し始める。

ナイス巨岩。山奥に来たムードが高まる。

猫ボディ異常加熱。断熱材装着して山登ってるようなもんだ。ひい。

どうやら目的地に着いたらしい。

さらに上に登ると、

地蔵の群れが現れる。

ここには小さいながら滝があり、

この水を飲むと厄除けになるそうです。

水量は少なめ。

首なし地蔵発見。とはいえ、他の地蔵も程度の差こそあれ破損していたり
修復痕があるので、これがオリジナル首なし地蔵かは定かではない。

奥の方にある地蔵群。

階段のてっぺんの奴が将校に違いない。

線香セットが備え付けてあった。当然ながら誰かが手入れをしてる模様。

ここの灯篭は何故か鍛冶屋名義のものばかり。

一通り目標地点の撮影を終えたので、引き返す事にするが、散々下ってきた道を
今度は登らなくてはいけない罠。

行きとは違い非常に重い足取りでなんとか入口までたどり着く。

最後に、さっきまで他の探索者がいて撮影できなかった入口近辺を適当に撮影したところ、

プレビュー画面見てびっくり。いきなり真っ白に。

そんなこんなで、先行偵察は無事終了。

結構迫力のある場所だったけれども、重装の隊員が一斉に押しかけるには
スポットとしてのキャパシティが少々足りない感じ。
なによりシビリアンの数が多すぎなので、このスポットにGR本隊が出向く事は
残念ながらなさそうだ。

でも次回予定されているスポットは今回と違って、
ちょっと気合入れていかないといけないかもしれません。

大口径がいるなあ。多分。

Add A Comment