AX

SOG/GhostRecon HQ2.0

[Guns God&Government 1st day]2009/08/05岩室観音/松山城跡

Posted on 8 8月 2009

水平線の彼方から猫三倍段です。こんにちわ。

この夏は、ソロもしくはツーマンセルで思い思いのスポットに出向き、面白そうなスポットを
見つけてくるという、先行偵察キャンペーン「Guns God & Government」を実施中です。

今年から9月にも大連休があるのでそのための下調べ的な感じですな。

さて、そんな感じで始まりましたツアー一発目のスポットは「岩室観音/松山城跡」です。

そもそもは弘法大師所以のお堂で、「比企西国三十三所観音札所」の一つで、
四国八十八箇所の霊地に建てられた本尊を模した88体の石仏が納められております。

昔、この山にあった「松山城」の城主が代々この岩室観音を信仰しておりましたが、
豊臣秀吉が関東に出陣した際に、前田利家・上杉景勝らの軍勢に攻められ、松山城は落城し、
一緒に岩室観音も焼失してしまいました。現在のお堂は江戸時代に再建されたものです。

北武蔵地域の要所であったこのスポットには落城に由来する落武者の霊が出現すると
されておりますが真実はいかに。

こちら岩室観音。実はあの「岩窟ホテル」の真横。前行った時は気づかなかったなあ。

※全体が納まらなかったので2枚の写真を合成してます。

NV装着で侵入し、誰もいないことを確認。

お向かいの岩窟商店も明かりは完全に消えており、天気も悪い事もあり周囲に人は誰もいない。

早速、話に聞く石仏を見に行くのだが。

全ての石仏に同じメッセージが貼ってある。願掛けだろう。

内容を見てみると、これは・・・

※お名前と願掛けの内容は伏せてあります

階段を登ってお堂の二階に。

階段の上から写真を取ってみると、なにやら道があることに気づく。

これが松山城に通じる切通しか。

反対側の階段から降りる。

先日からの雨のせいで、水がどぼどぼ流れて沢みたいになっている。

ここを移動するのか、と思ったとたん。車の停車音&複数の若者の声が。

なんてこった、他の探索者だ。きっと岩窟ホテル狙いだ。
この45度くらい傾斜してる沢もどきを登らないと、発見される可能性が高い。

下の方から聞こえてくる楽しそうな声を警戒しつつ、上へ登っていく。
足元は泥に水に岩だ。

ここまで登るころにはもう道らしさは残っていなかった。

乗り越えると松山城跡らしきとこに出た。ここまではさっきの探索者も来るまい。

と、思ったら、今度は蚊が一個大隊くらいで攻め寄ってきた。ヘッドマスクしててよかったなあ。

Tシャツとかで来てたら、体中の血液を蚊にシェアする羽目になりそうだ。

気を取り直して山道を行く。この先が本曲輪のはずだ、

本曲輪に到着。

何かの土台が残っている。

目標地点到着。落武者はお留守。

ここから、来た道を必死に戻って行く訳ですが、俺は何でこんな靴で来たんだと軽く後悔。
折りたたみ沢登り靴希望。

久しぶりにソロでスポットに入りましたが、他の探索者や一部刺激的な地形。その他色々な要素があり
かなり楽しめました。全体的な印象としてはこじんまりした多良崎城跡って感じで。

ただ、松山城以外にもこのエリアには気になる場所がまだ残ってまして、今度はそちらも攻めてみようかなとは
思います。もうちょいと装備整えて。

撮影/文 猫三倍段

Add A Comment