AX

SOG/GhostRecon HQ2.0

[Zero Divide] 2007/09/17秩父湖の吊り橋

Posted on 18 9月 2007

埼玉制圧フェア第二段。猫三倍段です。
今回は秩父湖の吊り橋です。こちらも結構なメジャースポットで、稲川御大も
こちらで霊を目撃したそうで。大まかな話としては、ここは自殺の名所で、
橋の中央部に女の霊が出るそうです。(稲川御大の霊視によると、自殺ではなく
殺されたとかそう言う話もあるみたいですが。)

以前探索した神流湖並の長距離行となりましたが、150キロを突っ走って
西へ西へ。

余裕だったんですよ。かなり。

1.jpg
駒が滝トンネル。内部が分かれたりなんだリキャラが立っていて、トンネルマニアには
有名な場所みたい。このトンネルをくぐり、しばらくすると。

2.jpg
これが件の吊り橋。他のサイトでも公開してる「ケンタッキー」の落書きもある。

3.jpg
犬が潜入開始。余談だけど、なんでもこの橋は5人以上で渡ってはいけないそうな。

4.jpg
吊り橋なんて公園のアスレチックでしか渡った事がない。予想してたみたいに
ぐらんぐらん揺れるわけではないのね。

5.jpg
下は木の板が張られているが、いきなり抜け落ちるようなドラマはなさそうだ。

6.jpg
橋の中央部付近。写真には写らなかったが、ダム方面がわりと絶景。

7.jpg
そろそろ向こう岸が見えてきた。

8.jpg
ここから先は落石が危険な為、通行止めになっている。

9.jpg
そもそもこの前の台風で道自体が無くなってるように思えるが。

さて、このあたりは今まで撮れなかった橋の側面とかのショットが撮れそうな
場所だったので、少し周りを偵察しながらうろうろ。

10.jpg
こうみると長い橋に見える。暗闇に消えていく橋。

11.jpg
まあ、橋が架かってるような場所なので当然いい感じの断崖です。

しかし、ここで異変が。
犬隊員がどうも様子がおかしいので聞いてみると、何かを見たようだ。
何か白いものが、すっと下に降りて行ったらしい。
犬がそう言うものを見るのは非常に珍しい。

12.jpg
画像中央の木の枝付近で見たようだ。

13.jpg
来た道を調べながら帰ることにした。でも、空気が一変したかのように妙な空気だ。

14.jpg
歩きながら撮影しているおいら猫。実はこの時点でそれはそれはリアルな
人の存在感を背後に感じていた。通常は、(往路の時も)行っている後方警戒を
この時はしていない。あまりにも恐ろしすぎたからだ。

15.jpg
その時に、体を向けず、肩越しに写真を撮影。

そしてバッテリー節約のためにカメラの電源をOFFにしたその途端、
「後ろの奴」がもの凄い勢いで走ってきたのを感じた。
そしてつい反射的に振り向いた。

しかし、そこにはやはり何も居なかった。場所は橋の中央部だった。
犬にその事を告げるとやはり、帰り道はなんか違和感を感じていたようだ。
ただ、畑トンネルのときとは違うと。

怖い目に会わされたままではGR的に悔しいので、いきなり振り返ってやろうと
犬が提案したので、カウント終了と同時に振り向くことにした。
3,2,1。

16.jpg
GRの基礎訓練どおりの素晴らしい振り向き射撃だったがそこには何もいなかった。

おいらは橋中央部から、オカルトチャットにアクセス。そこで狼狽振りを披露していたが、
気づいたら犬が居ない。違和感の元を調べに行ったようだが、怖いっちゅうの。

先ほど感じた恐怖感も大体薄らいだ頃、作戦は終了した。

帰りは正丸峠も攻めたのだが、ここのインパクトが強すぎて、印象薄。
真っ暗で画像もまともに撮れてなかったしなあ。

久しぶりの作戦中の怪異。メジャースポットはメジャーになりうる何かが
あるのだなと感じた。

それでも続くぜ埼玉制圧フェア。

Add A Comment